So-net無料ブログ作成

SCMS-T [VGC-RM95S]

A2DP のオプションとして SCMS-T と AVRCP としてみた。

scms_t.png

SCMS-T はイメージとしては難しそうだが、データ転送では1バイトがヘッダに付与されるだけである。ネゴシエーションも以下のようにするだけである。

  // 1
  cap_scms_resp.serv_cap=MEDIA_TRANSPORT_CATEGORY;
  cap_scms_resp.serv_cap_len=0;
  // 4
  cap_scms_resp.cp_type = MEDIA_CONTENT_PROTECTION;
  cap_scms_resp.cp_type_length = 2;
  cap_scms_resp.cp_type_lsb = (CP_TYPE_SCMS_T & 0xFF);
  cap_scms_resp.cp_type_msb = (CP_TYPE_SCMS_T >> 8) & 0xFF;
  // 7
  cap_scms_resp.cap_type=MEDIA_CODEC;
  cap_scms_resp.cap_type_length=6;

ところが VAIO の WIDCOMM の A2DP については、このネゴシエーション以前に何かきている。Toshiba のスタックや CSR のスタックでは、まったく問題ない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。