So-net無料ブログ作成

Windows 8 Consumer Preview 64bit [VGC-RM94S]

RM94S に Windows 8 Consumer Preview をいれて Bluetooth のチェックをやってみた。

(1) ペアリングの煩雑さ
デスクトップ側でペアリングをすると Metro 側に切り替わってコード確認となる。Metro 側で Profile の選択をやろうとするが、でてこない。Windows Mobile では出来たいたのに。しょうがないので コントロールパネルのデバイスで Profile  の選択をすることになる。これはいけません。

(2) ヘッドセットプロファイルがでてこない
デバイスマネジャで HSP と HFP が見えているのに デバイスのプロパティで HSP が出てこない。Radiko を AM ラジオの音で聞きたいのにできない。(わがままかもしれないが)

(3) AVRCP 1.3 がサポートされているようだ。再生中のタイトルが見事返ってきた。

(4) A2DP の SCMS-T を指示してもヘッダに乗ってこない。

(5) DTCP-IP は、やはりダメだった。

この状態だと Metro を切って使いたいユーザは泣きをみることになるだろう。SAS の HDD で Smart Array E500 なのだが、何故か時々固まって、しばらくすると戻ってくる。デスクトップと Metro を Subsystem にして切り離してもよかったと思うのだが。

蛇足だが SFU は 機能選択できるようになっているが 推奨しないとなっている。 SFU は Subsystem で動くので、個人的には 3つの Subsystem が Shell に包まれて動くところが見たかった。

Windows 8 Subsystem 化の夢
  (1) Metro
  (2) Desktop
  (3) SFU
  (4) In-Car (Navigator)
  (5) Ubuntu for Win

どうせなら NavReady も Subsystem にできればよいのだが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。