So-net無料ブログ作成

Windows Embedded POSReady 2009 (WinDbg) [VGC-RM53D]

Windows Embedded といえば、カーネルデバッグができないと話しにならない。ところが、大きな落とし穴があったので再び記録しておく。VGC-RMなのでシリアル接続は、基本的にIEEE1394が前提となる。

[Target PC]
これが RM53D にしているが kd1394.dll がない。POSReady 2009のディスクには kd1394.dll があるのだが、これだとまったく動作しない。しょうがないので VGC-RC71PS のリカバリディスクから kd1394.dll を windows\system32 にコピーするだけで動いてしまった。

(1) kd1394.dll を正規 XP Pro からコピーする
(2) BOOT.INI には /debug /debugport=1394 /channel=47 を追加する
(3) IEEE1394 が2つあるので、アクセスユニット側のIEE1394を見えなくするためこれをはずす。
(4) Device Manager で本体側の IEEE1394 も Disable にしておく。

[Host PC]
こちらは RM95S としたが、念のため Vista 32bit に WinDbg をいれておいた。
WinDbg (32bit) を管理者で起動し File->Kernel Debug から 1394 のchannel を 47 にする。
例によって、初回接続でドライバが自動的にインストールされる。

起動までに、結構 Exception が出ていたりする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。