So-net無料ブログ作成

padi timer expired [VGC-RM95S]

今朝の OCN 網の障害で cisco router から padi timer expired が出続けていた。ところが PR-S300NE から OCN につなげるとうまくいく。まったく理解できない状況だった。cisco の症例でも ISP に連絡するしかないとある。

20111124_001.jpg

  <試行錯誤>

最後の手段で PR-S300NE の電源を切ってみた。なんと、なにごともなかったように cisco からつながった。詳細は、別途まとめることにするが、同様の症状になった方は PR-S300NE をリセットしてみる価値はある。

Bluetooth Discoverable [VGC-RM95S]

Windows 7 はデフォルトでは Discoverable ではない。コントロールパネルからもできるかもしれないが、デスクトップの Bluetooth アイコンから設定するようだ。アプリケーションでその都度設定すればよいので、最も簡単な方法は以下のようにすればよい。


=========================
#include <winsock2.h>   
#include <ws2bth.h> 
#include <BluetoothAPIs.h>


void set_discoverable()
{
 bool returnVal;

 returnVal = BluetoothEnableDiscovery(NULL, 1);
}


void set_nondiscoverable()
{
 bool returnVal;

 returnVal = BluetoothEnableDiscovery(NULL, 0);
}


KB971644 + 0x8000FFFF [VGC-RM95S]

Vista Home Premium 64bit に購入した Ultimate 64bit の Key を入れたらどうなるかやってみた。ライセンス形態にもよるがうまくいく場合もあるようだ。リモートデスクトップはすぐに使えるようになった。Ultimate Extras も中途半端なものがダウンロードできるようになった。

ところが Windows Platform Update だけ Windows の Edition に依存するようだ。そのため DirectX11 用の更新である KB971644 で致命的 0x8000FFFF が出てしまった。あれこれやってみたが、ダメで素直に Upgrade しようとしたが Event Log にヒントがあった。

Edition に依存するので、すべての Platform Update を uninstall する必要があるのではないかと思ってやってみると、これがうまくいってしまった。具体的には、以下の2つを uninstall し再起動後 install をおこなう。

 (1) KB2117917
 (2) KB2505189

これで dxdiag で DirectX11 となっているのを確認できた。


 


WD20EARX [VGC-RM95S]

WD20EARX を起動ディスクにしようと購入したが、はまってしまった。 VAIO のリカバリディスクでは、早々にエラーで先に進めない。クリーンインストールを試みるも

  「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした」

というのが出て終わってしまう。決定的な解決策がなく落胆していたら、

  「Intel RST の F6 ドライバを読み込ませる」

というのをやってみたら、何事もなくインストールが完了した。 RM の BIOS がどうこうだったらお手上げのところ
だったが、動いてよかった。

しかし、クリーンインストールでやるとなると何日かかるか分からない。
コツコツやるしかない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。