So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

AVRCP が利かないケース [VGC-RM95S]

AVRCP ができたりできなかったりを調査した結果、少なくとも以下の2つが判明した。

(1) リモートデスクトップで接続している場合

画面を転送しているがオーディオ関連は リモート側に設定している時に AVCTP の電文応答は Accept が返って来るの だが Play, Stop などが動作しないことが判明した。Toshiba Stack の 5.0, 6.0 までは問題なかった。これ以外の Toshiba 7.0, 8.0, csr plc., Motorola, MS Stack はダメだった。

(2) リモコン操作用の OS 側ドライバがない場合

Bluetooth Stack をあれこれ入れ替えていると AVRCP が利かなくなる。この現象にあったら IR リモコンの受信側 USB を差し込んで OS 側で必要なドライバを甦らせる。WMP など Player を最終的に叩くのは IR も Bluetooth も共通のドライバになっているからのようである。いずれも、ググってもあまり見かけなかった現象なのでマイナーな問題かもしれないが、この記事が役に立てばと思う。

それにしても csr plc. は AVRCP 1.3 の電文の雛形は返ってくるのだが中身が空っぽであった。マニュアルにもうまくいく場合もあるといったニュアンスで書いている。Motorola Stack はオーディオの切り替えがさくっといくし AVRCP 接続で A2DP の2つのセッションを自動的に張りに来てくれる。Toshiba の 8.0 は重すぎる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。