So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Android x86 A2DP [VGC-RM95S]

1年以上使っていなかったVGN-FT90S に Android x86 2.2 をいれてみた。あまり期待してなかったのだが、以外にうまくいってしまった。ソフトウェアの規模は元祖 Open Source の MINIX や 386BSD を軽く超えているようだ。

 android-x86-2.2-generic.iso

ハード的には asus eee pc が最も近いのだがNIC が認識されなかったので Generic 版でインストールした。この時点で 2.2 しか選択肢がない。まずは、おまじない。

 mount -o remount,rw /mnt
 ifconfig eth0 192.168.122.199 netmask 255.255.255.0
 route add default gw 192.168.122.254 dev eth0
 setprop net.dns1 192.168.122.49

Wireless スイッチを ON/OFF していると Airplane-mode が OFF にならなくなるので、ここでおまじない。

 Settings->Applications->Manage applications->
   running->settings storage->clear data

これで Bluetooth が ON になりペアリングできる。自動的に SCO と A2DP が 利用できるようになった。YouTube で DuranDuran "Girls On Films" を聞くことが(録音することが)できた。VGN-FT90S  の Sound Chip を認識しないので Bluetooth で聞くしかない。

【気が付いた点】

1. USB マウスは必須だと思う(これがないと、かなりキツイ)
2. A2DP は SCMS-T が OFF となっている
3. SCO は Phone Call の時だけのようである

【基本操作】

F4: Shutdown
Alt+F1: console
Alt+F7: GUI

動画再生はコマ落ちが激しいが、音声は問題なく聞こえる。音量レベルが弱いようだが。386BSD や Linux が登場した時と同じで、実用性がどうこうより、この上にどれだけの世界が広がるかで価値が決まると思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。