So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

UTC の問題 [VGC-RM94S]

RM94S は Photo 関連で使うことにした。どうしても 32bit の環境が必要になってきたので2台構成とした。奇しくも RM94S 当時、いわゆる C0 ステッピングの Core2Quad と Core2Duo の最上位版となってしまった。QX9650 が C0/C1 があるように E8500 も C0/E0 がある。コレクタ的な視点ではグッドな構成であろう。

 VGC-RM94S PrimaryVGC-RM94S Secondary
 Core2Quad C0 最上位モデルCore2Duo C0 最上位モデル
CPUQX9650 C0E8500 C0
GPUQuadro FX 1700Geforce 8600 GTS
OSWindows 7 64bitWindows XP Pro 32bit
Memory8GB4GB
 Adobe Lightroom 3.3 64bitVAIO PMBDCS Camera Manager
DCS Photo Desk

素数計算をさせてみたところ QX9650 で 10016ms、E8500 で 9484ms となり比率は 0.947 となり、クロック比率の 0.949 とほぼ一致する値となった。

撮ってきた写真を Lightroom で確認し、カメラのメンテを DCS Camera Manager でおこなう。DCS Photo Desk は、余計な加工がはいらないので Hot Pixel もそのまま見える。しかし FIREWIRE 経由の画像取り込みは、結構時間がかかるので CF を直接抜いて読み込ませている。ただ CCD の掃除の時は直接読み込んで確認できるので楽ではある。なお CCD の掃除は PENTAX の cleaning kit を使っている。

Secandary 側は Linux もいれてみたが System Clock で UTC を使うと Windows 側と時刻がずれるので /etc/sysconfig/clock の UTC=flase にしておく必要があることが分かった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

800mm F8.0 [DCS760C]

ハチゴロー(口径 15cm)に比べるとセンが細い(口径 10cm)ですが、この Nikon の三脚とのバランスはよいです。これでも風が吹くと、かなりブレます。写真のような天体望遠鏡として使うと、単純計算で 160倍になります。しかし、カメラをつけた場合、接眼レンズによる拡大がないのでかなり小さく(約20倍)なります。

PH_112.jpg



中学生のとき日野光学(ミザール)の 反射望遠鏡 10cm, 200倍で木星を見ていた感覚からも160倍では相当ブレます。ガリレオ衛星の広がりや、オリオン座の大星雲の広がりは 80倍で十分楽しめますね。星座の位置確認には 50mm, F1.2 にレンズスコープをつけて使っていますが、照準器は必要ですね。Nikon の外付けファインダ  NH-VF28 と思ったが、カメラなしの時どうするかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

撮影機材 [DCS760C]

三脚のカメラアダプタがコルクとなっている。中古品 Nikon の全体像がこの一枚。

PH_105.jpg


ファインダもスクリーンも交換できるデジイチは DCS 700 シリーズ(Nikon F5) だけのような気もする。

[高倍率ファイダ]
800mm 天体 --> C型

[マルチフォトミックファインダ]
200mm 以上 --> U型
200mm 以下 --> EC-B型



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Nikon レンズ スコープコンバータ [DCS760C]

300mm F4.5 に 「Nikon レンズ スコープコンバータ」をつけた画像です。

PH_93.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三脚も一脚もニコン [DCS760C]

三脚も Nikon (たぶん OEM だが Made in Japan) だが、雲台の形が気に入っているし、やっぱりそれらしい。一脚も Nikon で揃えました。

PH_99.jpgPH_113.jpg

なんだかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Ai と Ai-S の違い [DCS760C]

DCS 760 用に 24mm を買って、改めて Ai と Ai-S の違いを実感させられた。Ai は Ai-S の半値ぐらいだが、マニュアル撮影しかしない場合は、大変お買い得となる。

8K754538.jpg


左側が Ai-S で、右側が Ai となっている。広角になると、その違いは歴然で ピントリングの目盛が Ai-S の方が密になっていることが分かる。その他、最小絞りの値が Ai-S は、オレンジ色であることがわかる。この写真自身は 50mm f/1.2 (f2.0, DCS 760) Ai (非S) で撮影したが、焦点がデリケートであることもよくわかる一枚となっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CCD Hot Pixel (前期型) [DCS760C]

DCS 760 の CCD を調べてみた。
レンズキャップをして絞りを最小の状態で露出時間を10秒にすると「銀河系」が現れる。

8K754349.JPG


シャッター速度を 1/250 以上にしても、赤いホットスポットが2つ、青いものが1つ見受けられる。

8K754353.JPG

これをトーン調整してみると、以下のようにノイズが現れる。

8K754353_002.JPG

普通の撮影では、まったく気がつかいないものであるが、古いカメラとはいえ、いくらか気にはなる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

KM-A22BBK [VGC-RM94S]

2台の RM95S を切り替えるのに ELECOM KM-A22BBK をつかってみた。スイッチで切り替わるので、タイムラグがきになったが、気にするほどでもなかった。

KM-A22BBK.jpg


この種の 切替器については Amazon の口コミが大変参考になった。あまり高機能なものを購入すると、それなりにトラブルも多くなるようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

VCL-HG0758 [DCS760C]

Kodak DCS 760 で 24mm を使っているのだが、年をとると広角側に興味がでてくる。この 760 では、MF のレギュラーレンズの画角は 24mm が一番広いことになっている。しかし APS-H 仕様なので 1.3x で、実質 31.2mm となり気に入らない。しかも Ai-S は使えなく、ただの Ai レンズのみとなる。

Nikkor_24mm.png

そこで、手持ちのCanon WC-DC58 (Φ80)をつけてみた。これで 0.8x となり実質 24.96mm となり、本来の画角に近くなった。これが思いの他、面白い写真がとれる。残念なことに絞りを最小にすると、わずかにケラレる。

PH_92.jpgPH_90.jpg

もう少し口径の大きいものならいけるだろうということで、ビデオカメラ用で中古の Sony VCL-HG0758 (Φ93) をつけてみた。口径は、なんと 93mm にもなり、かなり重たい。しかしながら 0.7x なので 21.84mm となり、もっと面白い写真がとれるようになった。ステップアップリングを使っているので 0.74x (23mm) ぐらいではないかと思う。デジカメ用は本来 VCL-DH0758 (Φ89)があるが、値段が 0.42 倍なので興味はなかった。

この Kodak DCS 760 の FireWire ドライバが 32bit なので、ここでも 95S の XP が活躍することになった。クラデジのユーザは、ここでも 64bit OS への完全移行への壁ができてしまう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。